株式会社 創栄 > 株式会社創栄 どんな問題も解決したい(^_-)-☆のスタッフブログ記事一覧 > 不動産を売却する際に知っておきたい買取のメリット・デメリット

不動産を売却する際に知っておきたい買取のメリット・デメリット

≪ 前へ|不動産投資について投資物件の空室対策を紹介   記事一覧   不動産の長期投資と短期投資の違いとは?メリット・デメリットも解説|次へ ≫

不動産を売却する際に知っておきたい買取のメリット・デメリット

不動産を売却する際に知っておきたい買取のメリット・デメリット

不動産を売却したいと考えている場合、仲介を頼むか、直接買取をしてもらうのか、悩む人は多いでしょう。
今回は、不動産売却の際に知っておきたい買取のアレコレについてまとめてみました。
自分にとって最適なのはどのパターンなのか、参考にしてみてくださいね!

弊社へのお問い合わせはこちら

不動産を売却するなら知っておきたい仲介と買取の違い

所有している不動産を売却する方法は2種類あり、一般の人が主に購入する仲介と、不動産会社が直接購入する買取のパターンがあり、どちらを選ぶかによって売却の流れも変わってきます。
仲介で売却する場合は、売主と買主の間に不動産会社が入ることになります。
売主は仲介に入る不動産会社と売却依頼の契約を交わすことで、売却のお手伝いをしてもらうわけです。
一方、買取の場合は不動産会社が直接購入してくれるので、査定が終わったらすぐに売却が成立します。

不動産を売却するなら知っておきたい即時買取と保証買取の違い

買取にも即時買取と保証買取の2パターンあり、売主の希望によって選択することが可能です。
即時買取はその名の通り、一般の顧客に対しては売却活動を行わず、不動産会社が買い取る方法です。
時間の余裕がなくすぐに売却したい人に向いていますが、売却価格は買取保証よりも安くなる場合が多いと言われています。
保証買取の場合は不動産を探している人向けに広告を掲載し、購入希望者を探します。
売却活動をしたけれど成約に至らなかった場合でも、事前に約束した価格で物件を買い取ってもらえる保証があります。
こちらはある程度時間に余裕がある人向けの買い取りプランです。

不動産を売却するなら知っておきたい買取を選ぶメリット・デメリット

では買取にはどのようなメリットとデメリットがあるのでしょうか?

メリット

1: スピーディーに現金化できる
基本的には売却スケジュールや希望金額なども売主のペースで進めることができるため、スピーディーに進み現金化することができるのが大きなメリットです。
住み替えによる税金対策をしたい人や、とにかく早く売却したい人に向いています。

2:内覧が必要ない
仲介の場合は購入希望者が出た場合、その都度内覧に立ち会わなくてはなりません。
スケジュールの調整はもちろん、見ず知らずの人を家に入れて見て回られるのに抵抗がある人にとってもメリットがあります。

3:仲介手数料がかからない
売る相手が不動産会社になるため、仲介手数料を取られることはありません。

デメリット

1:仲介よりも買取価格が低い場合が多い
次に売却する際のリスクや経費を想定して、その不動産の築年数や状態に応じた買取価格となってしまう場合があります。
諸々のリスクを不動産会社側が負担する分、仲介よりも買取価格は低くなってしまうことが多いようです。

2:買取ができない不動産もある
買い取った不動産はその後リノベーションなどをして再販されるのですが、建物の老朽化に伴い土台が脆くなっているものや、建て直しが不可能なものに関しては買い取ってもらえない場合があります。

まとめ

不動産の買取についてご理解いただけたでしょうか?
売却の際は自分の希望に沿ったプランを立てて、不動産会社に相談に行ってみてください。
未公開物件や不動産の仕入れ・権利関係なら創栄お任せください!
どんな問題も解決すべく精一杯サポートさせていただきますので、お気軽にご相談ください!
住まいをお探しの方はこちらをクリック↓

弊社へのお問い合わせはこちら

≪ 前へ|不動産投資について投資物件の空室対策を紹介   記事一覧   不動産の長期投資と短期投資の違いとは?メリット・デメリットも解説|次へ ≫

タグ一覧

最新記事

おすすめ記事

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

トップへ戻る