株式会社 創栄>新築分譲事業

新築分譲事業

新築分譲事業

そもそも「分譲住宅」「建売住宅」とは?

そもそも、分譲住宅あるいは建売住宅とは、どのような住宅を指すのでしょうか?
家に住むとなると、まず、大きく購入か賃貸かに分けられます。
購入する場合はさらに、戸建て住宅(一軒家)を買うか、マンションの一室を買うかに分類されます。
そして、戸建て住宅(一軒家)のうち、自分好みのデザインを最初から組み立てていくものが「注文住宅」、分譲住宅地にいくつも同じような形で建てられ、分けて販売されるのが「分譲住宅」、既に建築されたものを販売されるのが「建売住宅」です(厳密には建売住宅も建築前から販売しています)。

一般的に、「分譲住宅」はすでに建築済みの状態で販売されることもある為、「分譲住宅」と「建売住宅」は、ほぼ同じ意味と捉えてよいでしょう。

分譲住宅、建売住宅はこのような人に向いている!

それでは、分譲住宅や建売住宅を購入するのはどのような人に向いているのか、以下に紹介していきます。

予算をできるだけ抑えて購入したい方
まずはズバリ、分譲住宅は「新しく住宅を購入して住みたい」「だけど予算はあまり多くない」という方に向いています。
分譲住宅では分譲住宅地に同じような家をいくつも建てることになることから、資材を大量に調達し、建築費用を安く抑えられるという特徴があります。 現在は同じエリア内でも、デザインや使い勝手に違いを持たせるケースが多くなっていますが、それでも注文住宅で同じグレードの家を建てるよりは大幅にコストダウンが実現します。

事前によく確認したい方
建売住宅は(基本的には)すでに完成している住宅であるため、実物の建物(あるいはオープンハウス)へ見学に行くことができます。そのため、購入前に、見た目や間取り、内装、立地、利便性などを確認することが可能です。これは事前によく確認し、絶対に失敗したくないという方には嬉しいポイントとなります。 自分好みのデザインを最初から組み立てていく注文住宅よりもコストを安く抑えることができます。
時間や手間が惜しい方
建売住宅ならば、契約から入居までの期間が短いというメリットがあります。すでに出来上がっている住宅、あるいは建築計画がしっかり立てられている住宅を購入することになるので、できるだけ早めに引っ越しをしたいという方に向いているといえるでしょう。
また、建売住宅にはさらに、土地と住宅を同時に購入するという特徴があります。
注文住宅であれば土地と住宅を別々で購入することが多いので、建売住宅の場合は比較的、手間が少ないともいえます。こういったことから、建売住宅は、現時点で土地を所有していない方にも向いているといえるでしょう。

分譲住宅、建売住宅を探す際の注意点

それでは、分譲住宅、建売住宅を購入するとなったら、探す際にはどのような点に注意が必要でしょうか。

アフターサービスをチェックしておく
分譲住宅、建売住宅以外にもいえることですが、どのようなアフターサービスを受けられるのかは住宅購入の際に非常に重要です。 購入を決める前に十分な検討をしたとしても、実際に住んでみて不具合が出てくることが十分にありえます。 そのような場合に十分なアフターサービスを受けられないと苦労することになるので、どのようなアフターサービスがあるかは探す際のとても重要なポイントです。
環境にも目を向ける
分譲住宅、建売住宅を購入する際は、住宅だけを見ればいいわけではありません。
近くに病院はあるか、駅までのアクセスに不便はないかといった点や、お子様がいるなら登校しやすい立地であるか、どのような公園があるかなどにも注目しておくことが大切です。このような環境面にも目を向けておくことで、住みやすさに大きな影響が出てきます。

分譲住宅の場合は、分譲住宅エリアを中心に学校や商業施設が増えていくケースもあるため、建設計画なども調べておくとより確実な判断ができます。

また、夜の環境チェックを忘れてはいけません。昼にモデルハウスを訪れた際にはよい環境だと感じても、夜は道がとても暗いなど違う面が見えてきます。特にお子様のいる家庭であれば、夜も安心できる環境かどうかはしっかり確認しておきましょう。

 

  • 売却査定フォーム
  • 会員登録
  • 問い合わせ

トップへ戻る