株式会社 創栄 > 株式会社創栄 どんな問題も解決したい(^_-)-☆のスタッフブログ記事一覧 > 不動産投資について投資物件の空室対策を紹介

不動産投資について投資物件の空室対策を紹介

≪ 前へ|得する知識!10年超所有の不動産売却には軽減税率の特例がある   記事一覧   不動産を売却する際に知っておきたい買取のメリット・デメリット|次へ ≫

不動産投資について投資物件の空室対策を紹介

不動産投資について投資物件の空室対策を紹介

不動産投資では借り手市場の環境により、空室率が上昇しています。
今回は不動産投資の空室対策について紹介します。

弊社へのお問い合わせはこちら

投資用物件の空室対策 賃料の調整や間取りの変更

ここでは投資用物件の空室対策として、賃料の調整や間取りのリノベーション、そして投資物件の管理方法をお伝えします。

投資用物件の空室対策

・相場に合わせた賃料に見直し
投資用物件の居住地の相場を調べ、その相場に合わせた賃料に見直すことが大切です。

・借り手の欲求に合わせた改修
物件が借り手のニーズに合っているかを調べ改修します。
エアコンや壁紙の張り替えなどで借りてのニーズに応えることができます。

・管理会社の対応を検証
委託先の管理会社の募集効果が十分か検証することが大切です。
もし管理会社の募集よっても入居者が増えない場合は管理会社の見直しも必要です。

投資用物件の管理方法

空室率を下げるには管理方法の見直しが大切です。
まず空室率を下げるために、現在の入居者が退去しない施策を行う必要があります。
入居者から苦情が発生した場合は、すぐに苦情の原因を確定し対策を打つことが大切です。
管理会社に管理業務を依頼している際は、きめ細かな居住者の苦情をくみ取り解決できているか確認する必要があります。
依頼先の管理会社が対応できていない際は、管理会社の見直しも必要です。

投資用物件で収益化が難しくなった場合は売却等の対処を

投資用物件は収益化が難しくなる場合があります。
ここでは収益化が見込めなくなった場合の対処法を紹介します。

家賃を下げる

入居者を増やすために家賃を下げる方法があります。
この場合は、家賃を下げても投資用物件の維持が出来るか検証が必要です。
家賃を下げて収益がどのように変化するか試算をおすすめします。

投資用物件を売却する

空室の期間中は、投資用物件に維持費がかかり税金も課税されます。
投資用物件の維持と管理などが難しい場合は、売却する方法があります。
空室のある投資用物件を売却するメリットは、まず内覧がしやすく、購入を検討している方の都合に合わせて物件の検討が可能です。
また、空室には生活用の家具や家電などが置いていないため部屋を広く見せるメリットがあります。

まとめ

今回は不動産投資について空室対策を紹介しました。
賃貸不動産は借り手市場のためニーズに対応しないと空室が発生します。
投資物件では空室対策を練ったうえで収益を得ることが大切です。
未公開物件や不動産の仕入れ・権利関係なら創栄お任せください!
どんな問題も解決すべく精一杯サポートさせていただきますので、お気軽にご相談ください!
住まいをお探しの方はこちらをクリック↓

弊社へのお問い合わせはこちら

≪ 前へ|得する知識!10年超所有の不動産売却には軽減税率の特例がある   記事一覧   不動産を売却する際に知っておきたい買取のメリット・デメリット|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

トップへ戻る