株式会社 創栄 > 株式会社創栄 どんな問題も解決したい(^_-)-☆のスタッフブログ記事一覧 > 注文住宅の間取りでおすすめなのは?具体的な決め方も!

注文住宅の間取りでおすすめなのは?具体的な決め方も!

≪ 前へ|資産価値が高い不動産投資の考え方・条件4選   記事一覧   解説!不動産売却のときにかかる税金の計算方法|次へ ≫

注文住宅の間取りでおすすめなのは?具体的な決め方も!

注文住宅の間取りでおすすめなのは?具体的な決め方も!

注文住宅の購入を検討している方に向けて、おすすめの間取りをご紹介します。
間取りの成功例や決め方、具体的な注意点も見ていきましょう。
これから注文住宅を建設する方は成功例を参考に、後悔のない家をつくりましょう。

弊社へのお問い合わせはこちら

注文住宅の間取りに悩む方へ!おすすめの間取りと成功例とは?

注文住宅は間取りを自分で決められるという自由さの反面、どこから手をつけてよいかわからない、失敗しそうという声もあります。
おすすめの間取りや成功例をもとに、これから家をつくるときの参考にしましょう。

注文住宅のおすすめ間取り成功例:LDK編

リビング・ダイニング・キッチンは家のなかでもっとも重要なポイントです。
開放感がある間取りとして、間仕切りのないLDKが人気です。
リビングとダイニングとキッチンをL字型になるように配置すると、生活しやすくなるのでさらにおすすめです。
リビングの天井を高くすると、空間にメリハリがだせます。
さらに対面式キッチンは、家族とのコミュニケーションがとれると人気です。
家事の動線もよくなり、生活しやすくなるのでおすすめです。

注文住宅のおすすめ間取り成功例:収納編

生活感をださないためにも、収納は多めにとっておくと安心です。
特にパントリーは、使い勝手がよいと人気がでています。
キッチンに隣接させておくと、食品などを置いておけますし、勝手口をつくっておくとゴミを出すのもスムーズです。
ほかにも奥行きが広いウォークインクローゼットや、玄関にシューズインクローゼットを設置すると収納が増やせます。
階段下のデッドスペースを収納として使うのも有効です。

注文住宅のおすすめ間取り成功例:和室編

最近では和室をつくらない方も増えていますが、雰囲気を楽しみたい方や畳でくつろぎたい方、伝統的な趣を大切にしたい方には和室がおすすめです。
LDKの脇に和室を配置するのが人気の間取りです。

注文住宅の間取りでおすすめなのは?決め方も

間取りの決め方で大切なことは、家族構成を考えて決めることです。
夫婦2人と子ども2人などというように、将来設計してから決めるとよいでしょう。
特に水回りや寝室など、生活音が気になる場所の配置には注意しましょう。

まとめ

注文住宅にはおすすめの間取りがあり、特に人気なのは開放感のあるLDKや対面式キッチン、パントリーなどの収納スペースだとわかりました。
間取りの決め方は、住むときのイメージを具体的にして決めることが大切で、将来設計もしておくと安心です。
ぜひ上記の内容を参考にしてみてくださいね。
未公開物件や不動産の仕入れ・権利関係なら創栄お任せください!
どんな問題も解決すべく精一杯サポートさせていただきますので、お気軽にご相談ください!
住まいをお探しの方はこちらをクリック↓

弊社へのお問い合わせはこちら

≪ 前へ|資産価値が高い不動産投資の考え方・条件4選   記事一覧   解説!不動産売却のときにかかる税金の計算方法|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

トップへ戻る