株式会社 創栄 > 株式会社創栄 どんな問題も解決したい(^_-)-☆のスタッフブログ記事一覧 > 資産価値が高い不動産投資の考え方・条件4選

資産価値が高い不動産投資の考え方・条件4選

≪ 前へ|不動産投資で資産運用!種類やメリットを押さえて方法を確認しよう   記事一覧   注文住宅の間取りでおすすめなのは?具体的な決め方も!|次へ ≫

資産価値が高い不動産投資の考え方・条件4選

資産価値が高い不動産投資の考え方・条件4選

皆さんは不動産投資というものに興味ありませんか?
興味はあるけどいつ下がるかわからない理由であまり手を出せない人も多くいるでしょう。
しかし、不動産投資は好物件を選ぶことでリスクも少なく、資産価値も高い物件を買うことができます。
今回は物件の価値が下がりにくい不動産投資の考え方をご紹介いたします。

弊社へのお問い合わせはこちら

不動産投資における資産価値についての考え方

不動産投資の資産価値については、建物と土地を分けて考えることが大事です。
たとえば、建物の価値はデザインや部屋の間取り、マンションであれば階によっても変わります。
立地については駅前や繁華街など一等地の場合、物件の価値が高いでしょう。
また、将来近隣に商業施設や大型施設が建設される場合は上昇傾向となります。
不動産投資では一般的には建物の価値は時間の経過とともに減少しますが、立地条件と一体となり建物の価値についても上がる物件を選ぶのが大きなポイントです。

資産価値が下がりにくい不動産投資の条件とは?

駅に近い物件

駅に近い物件は下がりにくい条件となっています。
特に乗換駅では資産価値が高いと言われ、特に多くの路線がある駅は通勤通学が便利で人気。
また、新線の開業や最寄りに大型施設がオープンする駅は物件の価値が上がることが一般的な考え方となっています。

管理体制がいい物件

管理体制がいい物件も資産価値が下がりにくいと言われています。
有名な管理会社が管理していたり、メンテナンスが定期的に行われていたりする物件を選びましょう。

周辺の環境がいい物件

資産価値を考える場合、周辺の環境も大事です。
たとえば、近隣が繁華街だったり、有名な施設が近かったりする場合は価値下がりにくい可能性があります。
また、住みたいランキング上位の地域は人気も高く、選ぶのに最適な物件でしょう。

建物が老朽化しにくい物件

比較的建築年数が浅く、お手頃な中古物件は比較的資産価値が下がりにくいと言えます。
また、老朽化しにくい外見や年数が経っても内装が古さを感じさせない物件を選ぶのもいいでしょう。

まとめ

今回は不動産投資の資産価値の考え方について書いてみました。
不動産投資は難しいと一見思いがちですが、資産価値が下がりにくい物件を選ぶポイントを選ぶことが大事です。
みなさんも物件の購入を検討する際は、将来性を考えて選ぶことが重要だということを忘れないようにしましょう。
未公開物件や不動産の仕入れ・権利関係なら創栄お任せください!
どんな問題も解決すべく精一杯サポートさせていただきますので、お気軽にご相談ください!
住まいをお探しの方はこちらをクリック↓

弊社へのお問い合わせはこちら

≪ 前へ|不動産投資で資産運用!種類やメリットを押さえて方法を確認しよう   記事一覧   注文住宅の間取りでおすすめなのは?具体的な決め方も!|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

トップへ戻る