株式会社 創栄 > 株式会社創栄 どんな問題も解決したい(^_-)-☆のスタッフブログ記事一覧 > 不動産投資は開始時期と物件の選び方で成功が決まる!最適な開始時期と物件とは?

不動産投資は開始時期と物件の選び方で成功が決まる!最適な開始時期と物件とは?

≪ 前へ|知らないと罰則の対象に!?不動産投資において宅建資格を持つ必要性とメリットを解説!   記事一覧   不動産投資をするなら避けては通れない「修繕費問題」をチェックしておこう!|次へ ≫

不動産投資は開始時期と物件の選び方で成功が決まる!最適な開始時期と物件とは?

不動産投資は開始時期と物件の選び方で成功が決まる!最適な開始時期と物件とは?

不動産投資は、開始時期と物件の選び方によって成功が左右されます。
長期間にわたり安定した利益を得られるように、投資の目的をしっかりと定めて準備を進めましょう。
この記事では不動産投資を始める時期と物件選びのポイントを紹介します。

弊社へのお問い合わせはこちら

不動産投資を始めるおすすめ時期はライフスタイルと優遇措置にあり

不動産投資を始めるタイミングは、自身のライフスタイルとその時の優遇措置で見分けましょう。
時期によっては、金利や税制の優遇措置によりローンが組みやすくなっていることもあります。
優遇措置は期間が限定されているので、こまめに情報を集めていくことが大切です。
住宅ローンは長期間にわたる返済が求められますから、若い時ほどローン審査が通りやすくなっています。
年齢が高くなると審査に通らなかったり、ローン返済期間が短く設定されたりといった不利が生じます。
不動産投資を始めるのであれば、日常の収入や支出が安定した時期がおすすめです。
そのため仕事にある程度慣れてきた20代後半~30代前半、子育てが落ち着く40~50代あたりが不動産投資を始めるおすすめの時期と言えます。

不動産投資は始める時期と物件選びによって成功の確率が上がる

不動産投資では、物件選びも成功のカギとなります。
不動産投資の目的によって適した物件の種類が変わりますから、まずは投資の目的を決めましょう。
所得税の節税として不動産投資を始めるのなら、立地が良くて築年数が浅い物件がおすすめです。
築年数が浅い物件や立地が良い物件は値崩れしにくく、売却する時にも安定した収益が見込めます。
所得税対策としての不動産投資では、物件の減価償却費にも注目です。
減価償却費は、物件を所得する時の費用を構造によって決められた耐久年数に応じて分割した費用の事です。
減価償却費は、耐久年数の範囲内であれば毎年費用として計上できます。
不動産所得の有無に関わらず利用できる減価償却費は、収益がマイナスの際に節税対策として活躍します。
老後の資金対策として不動産投資を始めるのなら、家賃収入が安定したマンションがおすすめです。
家賃収入を得やすい物件は立地が良い物件が適していますが、人気が高い物件でもあるので早めに見つけておかないと他の希望者に取られてしまいます。
家賃収入を目的とする不動産投資では、まめに情報を集めて良い物件を見つけましょう。

まとめ

不動産投資は計画をきちんと立て、生活に支障が無い範囲で進めていくことが重要です。
ただ物件を買うのではなくどうしたら収益を得られるか、税金の優遇措置はどんなものがあるかを考えながら、効率よく進めていきましょう。
未公開物件や不動産の仕入れ・権利関係なら創栄お任せください!
どんな問題も解決すべく精一杯サポートさせていただきますので、お気軽にご相談ください!
住まいをお探しの方はこちらをクリック↓

弊社へのお問い合わせはこちら

≪ 前へ|知らないと罰則の対象に!?不動産投資において宅建資格を持つ必要性とメリットを解説!   記事一覧   不動産投資をするなら避けては通れない「修繕費問題」をチェックしておこう!|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

トップへ戻る