株式会社 創栄 > 株式会社創栄 どんな問題も解決したい(^_-)-☆のスタッフブログ記事一覧 > 不動産投資をする前に登記簿謄本をチェック!入手方法や記載内容を解説

不動産投資をする前に登記簿謄本をチェック!入手方法や記載内容を解説

≪ 前へ|再建築不可から買っています(#^.^#)♥   記事一覧   再建築不可の土地には投資の価値がある?知りたい基本や活用法|次へ ≫

不動産投資をする前に登記簿謄本をチェック!入手方法や記載内容を解説

不動産投資をする前に登記簿謄本をチェック!入手方法や記載内容を解説

不動産取引をするときの大切な書類に、登記簿謄本があります。
不動産投資をするなら、不動産登記とは何なのか、登記簿謄本がどのようなものなのかは、知っておいた方がいいでしょう。
不動産登記や登記簿謄本とはどんなことが記載されているのか、わかりやすく解説していきます。

弊社へのお問い合わせはこちら

不動産投資をするなら知っておきたい!登記簿謄本とその入手方法

不動産を取得すると、不動産登記が行われます。
登記とは権利関係などを明らかにするための制度のことで、どのような土地で誰が所有者なのかという情報を記録することです。
その内容が記載されているものが、登記簿謄本になります。
謄本というのは、書き写した書類という意味です。
登記簿謄本は法務局で管理されていて、手数料さえ払えば土地の所有者だけではなく、誰でも閲覧し入手することができます。
当然ですが、内容の変更は土地の所有者しかできません。
登記簿謄本には種類が4つあります。
1つは全部事項証明書です。
通常、登記簿謄本を提出してほしいといわれたら、全部事項証明書を出します。
その名前のとおり、登記に関する全ての情報が載っている謄本です。
2つ目は、現在事項証明書です。
ずっと同じ人が所有している不動産もありますが、何人かの手に渡って現在の所有者のものになっている不動産もあります。
現在の所有者の記録だけでいいという場合は、この現在事項証明書を入手します。
3つ目は、不動産登記簿の中から必要な情報だけを指定して出してもらう何区何番事項証明書、4つ目は不動産登記簿に記録されている、所有者の名前や住所だけが記載されている所有者証明書です。

登記簿謄本の記載事項も不動産投資前にチェックしよう!

登記簿謄本は不動産登記簿の写しです。
その内容は、4つにわかれています。
まずは、表題部です。
その不動産の所在地や地積、所有者や登記の日付などが、土地と建物と別で記載されています。
とても基本的な情報ですが、不動産投資前には必ずチェックしましょう。
2つ目が、権利部(甲区)です。
これは現在から過去までの所有者に関する記録で、誰がいつ、どのような理由で登記をしたのかを知ることができます。
3つ目は、権利部(乙区)です。
これは、抵当権や地上権など所有権以外の権利に関することが記載されています。
不動産投資をするなら、チェックしておきたい項目でしょう。
4つ目は、共同担保目録になります。
例えば、住宅ローンで購入した家は土地と建物が担保になっていることがあります。
そのような担保の内容が記載されています。
また、マンションの場合は専有部分の家屋番号と、表題部にマンションの一棟全体の基本情報などが追記されます。

まとめ

登記簿謄本は見慣れていないと、どこに何が書いてあるのか探すのが大変です。
まずは、自分の家の登記簿謄本を取り寄せて、どのようなことが書いてあるのかチェックしてみるのもいいでしょう。
未公開物件や不動産の仕入れ・権利関係なら創栄お任せください!
どんな問題も解決すべく精一杯サポートさせていただきますので、お気軽にご相談ください!
住まいをお探しの方はこちらをクリック↓

弊社へのお問い合わせはこちら

≪ 前へ|再建築不可から買っています(#^.^#)♥   記事一覧   再建築不可の土地には投資の価値がある?知りたい基本や活用法|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

トップへ戻る