株式会社 創栄 > 株式会社創栄 どんな問題も解決したい(^_-)-☆のスタッフブログ記事一覧 > 不動産投資を検討しているなら知っておこう!台風によるリスクとその対策

不動産投資を検討しているなら知っておこう!台風によるリスクとその対策

≪ 前へ|販売完了致しました!!   記事一覧   ボロ戸建紹介したい(^_-)-☆|次へ ≫

不動産投資を検討しているなら知っておこう!台風によるリスクとその対策

不動産投資を検討しているなら知っておこう!台風によるリスクとその対策

不動産投資を検討している人にぜひ考えておいてもらいたいことのひとつとして挙げられるのが、台風によるリスクとその対策です。
大型台風の数が急増している日本だからこそ、不動産と台風によるリスクと対策は切り離せない問題となっていますので、今回はそのあたりについて解説します!

弊社へのお問い合わせはこちら

不動産投資を検討している人なら知っておきたい台風によるリスクとは?

不動産投資を検討している人が知っておく必要がある台風によるリスクとしてまず挙げられるのが「強風による窓割れなど」が挙げられますが、それだけではありません。
ほかにも、台風には以下のようなリスクがあります。

●台風にともなう豪雨による浸水被害
●浸水によるトイレ排水管などの逆流リスク
●土砂崩れによる建物被害のリスク
●停電リスク


こうして見ると台風ひとつでもかなり幅広いリスクに備えておかなければいけないことがわかりますね。

不動産投資を検討している人が知っておく必要がある台風対策とは?

不動産投資を検討している人が知っておく必要がある台風対策としては、おもに以下のようなものが挙げられます。

●物件選び
ハザードマップを参考に、洪水浸水のリスクや土砂災害のリスクが少なそうな立地の物件を選び、なおかつアパートやマンションの一室を投資用物件とする際には2階以上の階層を選びましょう。

●保険加入
万が一のために、火災保険には必ず風水害補償をつけると安心です。

●台風前の対策
空き部屋となっている投資用物件は台風が近づいたら窓ガラスに養生テープを貼っておき、ベランダや側溝などの詰まりが発生しないように事前に掃除をしておくなど、できる範囲の対策をする必要があります。

●台風後の対策
空き部屋となっている投資用物件は台風後に、室内外から異常がないかチェックしましょう。
窓の割れやヒビ・雨漏り・汚水の逆流などは、台風後によくある被害です。
特にこの中でも「ハザードマップなどを見て物件選びを慎重にする」ということはとても大切です。
洪水浸水のリスクや土砂災害のリスクは、物件購入をしたあとで個人の努力で変えられるというものではないため、まず物件購入の段階でそのリスクをできるだけ減らしておくということは必要不可欠です。
保険に関しても、「単なる火災リスクよりも、台風などの自然災害のリスクのほうが高い」ということを忘れずに、保険料の安さだけを求めずしっかりと台風被害の範囲まで補償をつけるよう心がけましょう!

まとめ

今回は、不動産投資を検討している人に知っておいてもらいたい台風によるリスクとその対策について解説しました。
台風によるリスクは意外と幅広くありますが、そうした中でも可能なかぎりの対策をとっていきましょう。
特に物件選びについては慎重に考えることが必要ですよ!
未公開物件や不動産の仕入れ・権利関係なら創栄お任せください!
どんな問題も解決すべく精一杯サポートさせていただきますので、お気軽にご相談ください!
住まいをお探しの方はこちらをクリック↓

弊社へのお問い合わせはこちら

≪ 前へ|販売完了致しました!!   記事一覧   ボロ戸建紹介したい(^_-)-☆|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

トップへ戻る