株式会社 創栄 > 株式会社創栄 どんな問題も解決したい(^_-)-☆のスタッフブログ記事一覧 > 不動産投資における頭金の意義とは?投資効率を考えるなら頭金ゼロでも可能?

不動産投資における頭金の意義とは?投資効率を考えるなら頭金ゼロでも可能?

≪ 前へ|どんな問題も解決したい(^_-)-☆   記事一覧   全国の再建築不可買いたい(^_-)-☆|次へ ≫

不動産投資における頭金の意義とは?投資効率を考えるなら頭金ゼロでも可能?

不動産投資における頭金の意義とは?投資効率を考えるなら頭金ゼロでも可能?

マイホームを購入する場合、"頭金を入れたほうがいい"のは通説ですが、不動産投資となると状況が異なります。
不動産投資における頭金の意義について解説しましょう。

弊社へのお問い合わせはこちら

不動産投資における頭金・必要なケースと不要なケース

一般的には、頭金を入れると「ローン返済額や利息額が減る」「ローン審査に通りやすい」などのメリットがありますが、不動産投資の場合、デメリットのほうが大きいこともあります。

不動産投資・頭金を入れるデメリット

自己資金が必要になる
不動産取引の場合、2割でも数百万以上の資金が必要になります。
0から自己資金を貯めようと思うと時間がかかります。

投資のタイミングが遅れる
不動産投資は1件だけではなく、次々に規模を拡大していくことで収益の安定が見込める事業です。
したがって、自己資金が貯まるのを待っていたのではスタートが遅れ、投資のタイミングを逃してしまう可能性があります。

レバレッジ効果が下がる
レバレッジ効果とは"いかに少ない金額で大きな収益を上げるか"という投資特有の考え方です。
したがって、自己資金の割合が多いほど投資効率は悪くなります。

頭金が必要なケース

これらのことを念頭に置いて、頭金が必要なケースを見てみましょう。

融資額では希望する物件の購入金額に満たない場合
金融機関は融資額について、その物件の立地や相場、希望者の属性などを評価することにより決定します。
しかし、物件または属性の評価が低かった場合、希望する融資額に届かないことがあります。
その際は、足りない額を頭金として自己資金で支払う必要があります。

金融機関による融資が引き締められる
かつて株式や不動産投資などが過熱して価格高騰を招いた際、金融機関が引き締めを行って融資条件を厳しくしたことがあります。
このような時期であれば、投資のために多額の融資を引き出すのは難しく、その分自己資金が必要になるでしょう。

頭金が不要なケース

将来的に需要が見込める不動産
将来にわたって活用が見込める物件は「価値が落ちにくい」と考えられ、不良債権になるリスクも小さいので、物件価格に対し100%の融資が可能なケースがあります。
また、投資家自身の投資経験や財力、資質の評価が大きければ、融資額が増えて頭金が不要になることもあります。

不動産投資に必要な頭金の目安とは?

頭金の額が"月々の返済額"や"レバレッジ効果"に影響することは説明しましたが、あまり大きな額を頭金として注ぎ込んでしまうことはリスクになります。
しかし、少なすぎると金融機関の融資も厳しくなり、物件に対する利回りの低下やローン返済額の増大、金利上昇リスクにもつながります。
物件の修繕や不測の事態に備えてある程度は手元に残し、頭金は最低でも物件価格の5~10%を目安として考えるといいでしょう。

まとめ

不動産投資の頭金について解説しました、
投資ですから、リスクとリターンのバランスを考えながら、頭金の金額を決めることが大切です。
リスクを伴うことを十分に考慮し、余裕を持った資金計画を心がけましょう。
未公開物件や不動産の仕入れ・権利関係なら創栄お任せください!
どんな問題も解決すべく精一杯サポートさせていただきますので、お気軽にご相談ください!
住まいをお探しの方はこちらをクリック↓

弊社へのお問い合わせはこちら

≪ 前へ|どんな問題も解決したい(^_-)-☆   記事一覧   全国の再建築不可買いたい(^_-)-☆|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

トップへ戻る