株式会社 創栄 > 株式会社創栄 どんな問題も解決したい(^_-)-☆のスタッフブログ記事一覧 > 不動産投資でオーバーローンを利用するメリットとリスク・注意点

不動産投資でオーバーローンを利用するメリットとリスク・注意点

≪ 前へ|不動産投資を行っている人の確定申告のやり方を解説!必要書類や注意点も   記事一覧   100万件以上物件配信したい(#^.^#)|次へ ≫

不動産投資でオーバーローンを利用するメリットとリスク・注意点

不動産投資でオーバーローンを利用するメリットとリスク・注意点

不動産投資をはじめるにあたっては、物件を購入する必要があります。
物件の購入費用を自己資金やローンを利用するのが一般的ですが、オーバーローンという方法を利用することもできます。
本記事では、不動産投資用の物件購入でオーバーローンを利用するメリットと注意点について紹介します。

弊社へのお問い合わせはこちら

不動産投資でオーバーローンを利用するメリット

不動産投資で利用できるオーバーローンとは

不動産を購入するとき、通常のローンでは物件の購入価格内でお金を借ります。
オーバーローンとは、物件の購入価格を超えた金額を借りるローンのこと。
例えば、5,000万円の物件を購入するにあたって6,000万円のローンを組むようなことがオーバーローンでは可能です。
なぜ物件価格を超えた金額を借りられるのかといえば、購入予定の物件に抵当権をつけられることが関係しています。

オーバーローンを利用して物件購入するメリット

不動産投資でオーバーローンを利用するメリットの1つが、物件購入の諸費用分もローンでまかなえることです。
諸費用とは印紙代・住宅ローンの手続き費用・司法書士への依頼費用などで、物件価格の1割程度が見込まれます。
オーバーローンなしの場合、これらの費用を用意しておかなければなりません。
オーバーローンを利用すれば、自己資金を用意する必要なく確定申告で経費計上することも可能です。

不動産投資でオーバーローンを利用する際のリスクと注意点

借入金を順調に返済できるか

オーバーローンは、通常のローンより多額の負債を抱えることになります。
万が一返済が困難になってしまった場合のことも、考えておくことが大切です。
不動産経営は、安定した収益を得られるとは限りません。
大がかりな修復をしなければならないこともあります。
残債のある物件を売却する場合は、売却価格で残りのローンをすべて支払わなければなりません。

オーバーローンは違法?

オーバーローンもローンの一種ですから、金融機関の審査を通過する必要があります。
このとき、不動産業者がおこなう可能性があるのが「かきあげ」です。
かきあげとは、金融機関には実際の契約価格より高い金額を記載して提出して水増し融資を受けること。
不動産業者としてはローン審査を通して物件を売却したいがゆえの策とはいえ、違法行為でありリスクを伴うため、少しでもおかしいと思った際には慎重に確認してみましょう。

まとめ

不動産投資でオーバーローンを利用するのは、メリットもあればデメリットもあります。
特にハイリスクとなり得る点があるため、ローンを組む際には注意が必要です。
できるだけ問題なく不動産投資ができるように、よく検討してください。
未公開物件や不動産の仕入れ・権利関係なら創栄お任せください!
どんな問題も解決すべく精一杯サポートさせていただきますので、お気軽にご相談ください!
住まいをお探しの方はこちらをクリック↓

弊社へのお問い合わせはこちら

≪ 前へ|不動産投資を行っている人の確定申告のやり方を解説!必要書類や注意点も   記事一覧   100万件以上物件配信したい(#^.^#)|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

トップへ戻る