株式会社 創栄 > 株式会社創栄 どんな問題も解決したい(^_-)-☆のスタッフブログ記事一覧 > 中古住宅の再建築不可物件ってなに? そのメリットと注意点

中古住宅の再建築不可物件ってなに? そのメリットと注意点

≪ 前へ|新規物件出ました♡   記事一覧   仕入物件ランキング★|次へ ≫

中古住宅の再建築不可物件ってなに? そのメリットと注意点

中古住宅の再建築不可物件ってなに? そのメリットと注意点

中古住宅の購入を検討中の方で、「再建築不可物件」という言葉を耳にしたことはないでしょうか?
価格が安く非常に魅力的に見えますが、他の中古物件以上に事前の確認が必要で、軽い気持ちで購入するとあとで後悔するかもしれません。
今回はそんな再建築不可物件について解説します。

弊社へのお問い合わせはこちら

中古住宅の再建築不可物件ってなに? 該当する理由と購入時のメリット

再建築不可物件とは、現在ある建物を壊すと再び新しい建物を建てられない土地、を指します。
一見不思議な状況ですが、これは都市計画区域・準都市計画区域内では建築基準法で「接道義務」が定められているためです。
幅員4メートル以上の道路に土地が2メートル以上接していなければならない、というのが「接道義務」で、この条件を満たさないと新築物件は建てられません。
このため、建築基準法ができた昭和25年(1950年)以前、または都市計画法ができた昭和43年(1968年)以前に建てられた物件で、再建築不可物件が発生するのです。
再建築不可物件の最大のメリットは価格の安さです。
新築物件が建てられない=将来的な宅地としての価値がないのと同じですので、当然価格が低くなります。
また、同じ理由で固定資産税や相続税の負担も軽くなります。

再建築不可の中古住宅を購入するメリットとは? 購入時の注意点も確認

再建築不可物件の購入を検討する際には、押さえておきたい注意点がいくつかあります。

立地の確認

物件の陽当たりや風通し、また雨水がどこに排水されるかも確認しましょう。
また建物までの道部分が狭い場合、搬入がしづらいという理由で修繕工事費が割増になります。

家の設備の確認

築年数が経った建物になりますので、建物の痛み具合や設備の確認は必須です。
状態をより詳しく調べるには建物診断(インスペクション)をされるのがおすすめです。

近隣との土地境界線の確認

周囲に近隣住民の土地と隣接している物件では、購入前に土地の境界線を確認しておくことが大切です。
基本的に物件の売主は境界を明示しなければなりませんので、境界杭やプレートがあるはずです。

住宅ローンが組めない・売却しにくい

再建築不可物件は将来的な資産価値がないも同然ですので、住宅ローンが組めないことが多く、大規模修繕が必要な物件は自己資金との相談になります。
また自分が売却したいときに不利になるということでもあります。

おすすめ|再建築不可物件とは

まとめ

今回は再建築不可物件について、購入のメリットと注意点を解説しました。
気をつけるべき点も多い再建築不可物件ですが、古い家がお好きな方には希望にピッタリと合う物件が見つかる可能性もあります。
リフォームがどれくらい可能かなどを考慮して、物件を探してみてください。
未公開物件や不動産の仕入れ・権利関係なら創栄お任せください!
どんな問題も解決すべく精一杯サポートさせていただきますので、お気軽にご相談ください!
住まいをお探しの方はこちらをクリック↓

弊社へのお問い合わせはこちら

≪ 前へ|新規物件出ました♡   記事一覧   仕入物件ランキング★|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

トップへ戻る