株式会社 創栄 > 株式会社創栄 どんな問題も解決したい(^_-)-☆のスタッフブログ記事一覧 > 高齢者向け不動産投資を検討中の方に向けて!メリットと注意点を解説

高齢者向け不動産投資を検討中の方に向けて!メリットと注意点を解説

≪ 前へ|不動産投資で住宅セーフティネットとは?活用で得られるメリットを解説!   記事一覧   不動産投資で再注目のコンパクトマンション!そのメリットなどをご紹介!|次へ ≫

高齢者向け不動産投資を検討中の方に向けて!メリットと注意点を解説

高齢者向け不動産投資を検討中の方に向けて!メリットと注意点を解説

近ごろは、単身者向けや外国人向けなど限定的な賃貸マンションやアパートをよく見かけるようになりました。
そのなかの1つとして、高齢者向けの賃貸住宅が注目されています。
まだ数が少ないのが現状ですが、不動産投資として興味を持つ方が増えている傾向にあります。
この記事では、高齢者向けの不動産投資を検討中の方に向けて役立つ情報を説明していますので、ぜひ参考にしてください。

弊社へのお問い合わせはこちら

高齢者向け不動産投資のメリットとは?

少子化が問題になっているなか、年々高齢者は増え続けています。
そのため、単身または夫婦だけの高齢者が暮らすための賃貸住宅が必要となっています。
需要があるにもかかわらず、一般の賃貸物件に申し込んでも、高齢者はなかなか受け入れてもらえません。
このことは社会問題にもなっています。
一般的に、高齢者は毎日の通勤などがないことから、駅近くの騒がしい場所よりも、静かな環境を望む傾向にあります。
そのため、立地が不便でなかなか入居者が決まらないような物件が、逆に望まれる環境となる可能性もあるでしょう。
また、通常必要とされている駐車場も全部屋の分必要とされないため、部屋数を増やせるメリットもあります。
ただ高齢者に配慮した住宅を建てることは、一定の設備投資導入やバリアフリーが必要なため、一般の物件よりも建築費が高額になってしまいます。
しかし、このような物件の建設には、最近制定された「高齢者住まい法」により補助金が出るため、投資額を抑えられるメリットがあるのです。
くわえて、不動産取得税や固定資産税、法人税などが優遇されます。

高齢者向け不動産投資の注意点とは?

高齢者向けの住宅を経営することは、単に住む場所の提供だけではありません。
不慮の事故などが起きた場合、対応の責任は管理者にあります。
オーナーである管理者は、入居者が一生住み続けることを前提に考えると、さまざまなことを想定し、事前に手配しておかなくてはなりません。
そのためには医療機関や社会福祉法人との連携が必要となります。
しかし、このような手続きは個人ではハードルが高いため、多くの方は不動産管理会社に任せます。
その場合は一般の不動産管理会社ではなく、過去に高齢者向けの住宅を扱った実績が多数あり、また医療福祉と関連が深い不動産会社を選ぶのがおすすめです。
入居者にとって大切な、日常生活サポートや安否確認のシステム導入など、専門家の適切な管理により入居者は安心して生活できます。
そして信頼を得ることで、さらに次の入居者へと繋がっていくでしょう。
注意点として、高齢者は家賃保証会社での審査は通過しにくい傾向にあります。
そのため、入居者の選定は、家賃の問題や健康状態が変化した場合に対応できる連帯保証人がいることが前提です。

まとめ

高齢者向け不動産は、一般の不動産投資と違い、居住者を見守る必要があることを念頭に置かなくてはなりません。
これからますます必要とされる物件ですから、しっかりとしたサポート体制を作ることで、利益だけではなくやりがいも得られるでしょう。
この記事を参照しつつ、ぜひ高齢者向け不動産投資を検討してください。
未公開物件や不動産の仕入れ・権利関係なら創栄お任せください!
どんな問題も解決すべく精一杯サポートさせていただきますので、お気軽にご相談ください!
住まいをお探しの方はこちらをクリック↓

弊社へのお問い合わせはこちら

≪ 前へ|不動産投資で住宅セーフティネットとは?活用で得られるメリットを解説!   記事一覧   不動産投資で再注目のコンパクトマンション!そのメリットなどをご紹介!|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

トップへ戻る